1. トップページ
  2. 生産性を高め、成長を続ける鍵【日商プログラミング検定試験】

生産性を高め、成長を続ける鍵【日商プログラミング検定試験】

イメージ:生産性を高め、成長を続ける鍵【日商プログラミング検定試験】

日商プログラミング検定とは?

 IT,IoT時代を迎え、小学校からプログラミング教育が必修化されるなど、プログラミングスキルは現代人の必須スキルとなりつつあります。企業活動では、IT需要が増大する一方で、ITを利活用できるスキルを持った人材が不足していることが課題になっています。こうした状況を踏まえ、プログラミングスキルの学習を支援するために創設されたのが、「日商プラグラミング検定」です。
 
日商プログラミング検定試験について

・試験は、初学者から上級者まで段階的に学習・受験できるように「EXPERT」「STANDARD」「BASIC」「ENTRY」4つのレベルで実施します。
・特別な受験条件はなく、学生・社会人、年齢、職業等を問わず、幅広く多くの方を対象とした試験です。
・試験は、ネット方式となります。

受験料
EXPERT:-円、STANDARD:5,400円、BASIC:4,320円、ENTRY:3,240円,
試験会場
後日公開
回数 施行日 申込期間 合格発表日 合格発表
EXPERT 10月開始予定 -
STANDARD~ENTRY 随時(試験日は、ネット試験会場校が決定します。) -

トップページに戻る

お問合せご相談は|佐久商工会議所 ビジネスサポートデスク|TEL:0267-62-2520