Home » 家づくりのワンポイント一覧 » 新築・増改築・リフォーム工事

新築・増改築・リフォーム工事

image1

信頼できる地元佐久の会社選び

住宅は高い買い物です。資金や立地面などの制約の中で、いかに自分たちの思いを表現・実現できるか思い悩むもの。自分たちが思い描くイメージを親身になって聞き、夢を具現化させてくれるパートナー選びや、各社の特徴と自分たちとの相性を見極めることが、新築・改築の成功の秘訣の一つとも言えるでしょう。各社が得意とする分野、デザインや感性の相性、担当者の熱意や人間性もチェックポイントの一つです。また、地元密着で、きめ細かなサービスや、主治医のように長きにわたって親切に対応してくれる工務店は安心感があります。

reform_point

自然の力を上手に活用する住まいづくり

ハイテク機器を活用したスマートハウスの広がりと共に、自然のもっている力を生かして省エネをする“パッシブデザイン住宅”が見直されています。エアコンなどの機械に頼るだけでなく、太陽の光、熱、風などの自然の力を住まいの中に上手く取り入れて、より快適な暮らしを実現するのがパッシブデザイン住宅の考え方です。

column01_mg02

予算内で賢く家を建てる・リフォームする9か条

1.コストバランスのとれた家を目指す
限りある予算を上手に使うために「どこにお金をかけ、どこを削るか」を検討しましょう。

2.構造や基礎の費用は削らない
柱や梁、土台などの構造材は、建物の耐久性や耐震性を考慮し構造計算されているものです。

3.こだわりと柔軟性を併せ持とう
施工業者が予算に合った提案をしてくれることも。プロに任せることでコストダウンも可能に。

4.自分でも情報収集を!
業者に全てを任きりにするのは禁物。自分でも積極的に情報を集めて勉強しましょう。

5.見積もり後に仕様変更も検討
必要でない設備は、後で付けるという選択も。予算に合わせてコスト調整もしましょう。

6.施工会社からも減額提案を
予算オーバーの際は施工会社にも設備や仕様の変更を提案してもらいましょう。

7.契約後の変更はなるべく避ける
工事が始まってからの変更はコストアップや工期の遅れにつながります。契約内容はきちんと確認を。

8.公的機関の助成金を上手に利用
省エネやエコロジー対策で助成金がでることも。事前に調べ、設計の段階で施工会社に相談を。

9.定期的なメンテナンスで長持ち
問題を見つけたらすぐに対応することが長持ちの秘訣です。