ブックタイトルMonthlyNewsさく 2018.1 vol.553

ページ
6/18

このページは MonthlyNewsさく 2018.1 vol.553 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

MonthlyNewsさく 2018.1 vol.553

(6)リフォームが得意な㈲長野じゅうたん佐久市横和236-3TEL.0267-67-4025URL:http://www.madoya.netあけまして おめでとう  ございます今年が良い年で ありますように■お申込・お問合せは/佐久市役所観光交流推進課0267-62-3285 http://www.saku-balloon.jp/開催期日メイン会場平成30年5月3日(木・祝)~5日(金・祝)の3日間千曲川スポーツ交流広場第26回 出店者募集大会佐久バルーンフェスティバル2018〈申込期限〉2月7日?※申込多数の場合は抽選となります。ハート薬局VIETNAmYOSHIDA部会長  丸二食品㈱ 代表取締役上原  浩 明けましておめでとうございます。日頃は部会の活動にご理解、ご協力いただきありがとうございます。 食料品全般において、現在のところ国内需要が一番多い業界かと思われます。しかし、今後は少子高齢化に伴い販売量が増えていくことは考えづらいという現実は避けられません。また、近年の食品はすべての分野で開発が進み、非常においしいものになっています。 私たちは、それらを超える商品を造るために日々努力を重ねるしかないでしょう。当部会には様々な食品を扱う方がいらっしゃいますので、会話の中から何か新しいアイデアが生まれるのではないかと期待もしております。私も微力ですが、前進できるよう努めてまいります。本年もどうぞよろしくお願いします。【新春第1回部会のお知らせ】日時/1月19日?午後3:00~ 場所/当所食料品工業部会部会長  ㈱八十二銀行岩村田支店 支店長 柳沢 一明 新年あけましておめでとうございます。平成も残すところ1 年4ケ月、この30 年で世の中は目まぐるしく変化を遂げ、IoTの進展やAIの活用はこれまでの常識を覆す勢いです。 理財部会員様におかれては、お取引先に対し的確な助言・指導をする役割が求められますが、自らも変化に対応していく必要があります。 多くの業務がAIに代替可能とも言われておりますが、人間にしかできない仕事は必ず残ります。自分の付加価値を高めるチャンスと捉え、お取引先に尽くし、佐久市の未来を支えていきましょう!【新春第1回部会のお知らせ】日時/1月26日?正午~ 場所/当所 理財部会 皆さまのご協力を賜りながら開催してきた「佐久バルーンフェスティバル」は今年で26 回目を数えます。期間中、本大会を一緒に盛り上げ、サポートしていただける会場内の出店者を募集しますので、希望される方は下記までお問い合わせください。出店者募集 〈資格〉 佐久バルーンフェスティバル2018の趣旨に賛同し、佐久市観光協会、佐久商工会議所、臼田町商工会、浅科商工会、佐久市望月商工会、佐久市内の各商店会の何れかに加入していて、主催者が適当と認めた者。ただし、法律・条例のほか佐久バルーンフェスティバル大会会場出店規定に違反したものは、主催者による審査で出店をお断りします。〈出店料・出店条件〉 詳細についてはお問い合わせください。部会長年頭ごあいさつ (順不同)