ブックタイトルMonthlyNewsさく 2018.1 vol.553

ページ
4/18

このページは MonthlyNewsさく 2018.1 vol.553 の電子ブックに掲載されている4ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

MonthlyNewsさく 2018.1 vol.553

(4)内への就職を希望される求職者をマッチングさせる「佐久市版ハローワーク」を開設してまいります。 さらに、商工団体等関連機関の皆様との連携により、市内ものづくり産業を中心とする産業支援の中核となる産業支援機関を設立し、企業の経営基盤の強化や新製品・新サービスの開発支援等を行なってまいります。 全国の地方都市で進行している人口減少は、地域経済の様々な基盤の維持を困難にします。佐久市が、将来にわたって持続的な発展を遂げていくためには、時代の流れに沿った施策と未来への投資を柔軟かつ的確に展開していくことが重要であります。 本年も、佐久市の将来都市像「快適健康都市 佐久」の実現を目指し、積極的な施策展開をしてまいりますので、皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。 結びに、皆様のご繁栄とご健勝を心よりお祈り申し上げ、年頭のごあいさつといたします。佐久市長 栁田清二 新年あけましておめでとうございます。 佐久商工会議所会員の皆様には、お健やかに新春をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。 日頃より、市政運営に対しまして、格別なるご理解とご協力を賜り、厚く御礼を申し上げます。 平成29 年を顧みますと、佐久市民の皆様の暮らしの質を高める施策が実を結んだ年であったと感じております。本年の施策展開といたしましては、商工業者の皆様への既存の支援策はもちろんのこと、新たな事業にも取組んでまいります。  その一端を佐久市が掲げる重点施策の1 つであります「地域経済の活性化」に関して申し上げますと、本年3月には、中部横断自動車道が八千穂高原インターチェンジまで開通する予定であり、これを生かして、佐久臼田インターチェンジに直結した新工業団地約8.7haの整備事業を推進してまいります。 今後も、佐久地域の強い願いである早期全線開通を目指して、建設促進活動に取組んでまいります。 企業支援といたしましては、市内企業の求人と市年頭あいさつ部会長年頭ごあいさつ(順不同)部会員の皆様へ部会長 ㈱木下組 代表取締役依田 幸光 新年明けましておめでとうございます。 会員の皆様には、日頃より当部会活動にご理解、ご協力を賜り有り難く御礼申し上げます。 最近の建設業界は、週休2日制の確保、長時間労働の抑制等の「働き方改革」と、建設従事者の減少対策としての「生産性」向上が課題となっており、その対策に向けた取り組みが官民一体で行われております。 新しい年を迎え、今後も私たち業界がインフラや住宅等の整備、災害時の応急対応等の社会貢献を行い、魅力ある業界として変革し、持続的に地域の発展に寄与できますよう取り組んで参りたいと存じますので、部会員の皆様の更なるご理解、ご協力をお願い申し上げます。【新春第1回部会のお知らせ】日時/1月12日?午前10:00~ 場所/当所 建設業部会部会長 ㈱アズ 代表取締役宮澤 彰博 新年あけましておめでとうございます。 情報産業部会は、印刷、放送、通信、広告、看板、ソフトウェアなどの情報関連業種が集まり、会員交流の場・機会づくり、ビジネスチャンスの創出・拡大などに取り組んでいます。 また、商工会議所・佐久市主催の「さく市」も、情報産業部会の大きな事業として取り組み、会員の持てる力をフル活用し毎年プロデュースをしています。部会の活性化は会員皆さんの参加が一番です。多いに参加していただきますようお願いします。また商工会議所が持つ金融・税務・法律など経営支援、人材育成の支援などをぜひ活用してみてください。【新春第1回部会のお知らせ】日時/1月18日?午後4:00~ 場所/ポアン情報産業部会